エアコンの吹き出し口

デルタのエアコンが効くようになると絶賛の、コルソマルケオリジナル エアコンコンデンサー。

昨年の車検時にMY DELTAも導入。充分過ぎの効果が、
しかし、エアコンの噴出し口の切り換えが壊れたようで、なんとなく涼しいのですが、
正面から噴出しがゼロ。せっかくのコンデンサーが宝の持ち腐れ。

ダッシュボードの裏側を覗き込むと!

画像


なんとか手の届きそうな所に怪しい歯車(ギア)が・・・
画像、判りづらいのですが、下側の小さいギアが切り換えダイヤルと直結で、大きいギアをまわして、
ギアの切ってあるレバーを上下させて切り換えしてます。

で、そのギア同士を互いに離れないように脇から支えているリンクパーツをはめ込めば簡単に修復なりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

151ARO
2009年07月09日 08:50
直ってよかったですね(^^)
転がってた部品みると不思議な物体でしたがこんなところに
付くんですね。
MAS.
2009年07月09日 20:57
ありがとうございます。
原因も特定でき、見かけ修復なったのですが、
Eリングをはめるのが難しく、再発が防止できません。
内部にも不具合あるようで、涼しくなったらもう一度ばらしてみます。

この記事へのトラックバック