ディフューザー

空力云々するには酷すぎるボディ形状のデルタ。
外見をあまり変えたくないので、底面の空力モディファイに挑戦。

底面の空力モディファイといえば、ボディー下面の空気の引き抜き。
フロントカナードとリアディフューザーで、カナードは格好が悪いのでパス。
リアのディフューザーを自作しました。
画像

FRPやカーボンでなんて扱えないので、ベニヤの予定でしたが、
アルミの複合材(いいもん見付けた)を使用しました。曲げ加工も出来ますし。
予め吊れそうな所にステーを延ばしておいて、
そこに、底面形状に合わせて曲げた板を取り付けただけ。
画像

バーチカルフィンは、とりあえず2枚。

カナードを付けないで、フロントバンパー以後、ホールハウスまでの下面の高い圧力を排出したいので、
画像

腹ビレを付けました。
グランドエフェクターとか言うやつのマネです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック